#第3章 Instagram Photos & Videos

第3章 - 2.9k posts

Hashtag Popularity

7.6
average comments
314.2
average likes

Latest #第3章 Posts

  • じーちゃんばーちゃんと
見た👀❤️ イケメン右から二番目だから
と教えたが、全然みてなかったと
言われました←笑

#夜勤
集中してくれたおかげで
第3章全てリアタイ✌️
泣きそうになったイケメンすぎて。

嵐5人個性がそれぞれで
みーんな素敵でした!! #11月9日
#国民の祭典
#第3章
#journeytoharmony
#嵐
#櫻井翔

JET STORMいってらっしゃい👋
またDVDよろしくです📀✨
  • じーちゃんばーちゃんと
    見た👀❤️ イケメン右から二番目だから
    と教えたが、全然みてなかったと
    言われました←笑

    #夜勤
    集中してくれたおかげで
    第3章全てリアタイ✌️
    泣きそうになったイケメンすぎて。

    嵐5人個性がそれぞれで
    みーんな素敵でした!! #11月9日
    #国民の祭典
    #第3章
    #journeytoharmony
    #嵐
    #櫻井翔

    JET STORMいってらっしゃい👋
    またDVDよろしくです📀✨

  •  2  0  10 November, 2019
  • 书名:#夜叔叔不好惹
作者:猫伊
类型:都会爱情
封面:小野ouo 
编辑:凌尘轩
#第3章  你要去哪里
隔日早晨。
户外的阳光透过落地窗照了进来,照到了傲辰夜俊美的脸庞,窗帘被风吹打着晃动,一阵凉意让他的身体不禁颤抖了下。
傲辰夜张开了眼,正对上叶芯的大眼,被一双清晰的大眼盯着,让他觉得有些不自在。
当他回神过来,发现自己已经睡着了,连忙用手贴近叶芯的额头。
“退烧了。”
“夜叔叔,我饿了。”叶芯乃声奶气的开口。
“嗯,我让玛丽给妳做早餐。”傲辰夜揉了揉叶芯的脑袋,“先去洗漱。”
叶芯为了吃,乖乖的点头,摇摇晃晃地走进了卫生间,含糊的嘀咕着“吃”。
傲辰夜看着她走进卫生间,有些放不下心,应该不会再发烧了吧……
他拨了拨凌乱的头发,为了照顾她,一守就是一个晚上,到清晨才撑不住,便趴在她身边睡着了,黑眼圈都跑了出来。
啧……果然小孩子就是麻烦,要不是因为长的像“她”,不然她的死活我才不想管……
随后,小家伙很快的就从卫生间出来了,她睁着她的萌萌大眼,巴巴的问着傲辰夜,“叔叔,我洗漱好了,能吃东西了么?”
傲辰夜点头,也去洗漱了。
叶芯哒哒跶的跑下楼,这时,桌上已经摆满了食物,桌子中央还摆着一瓶陶瓷做的花瓶,里头插着小雏菊,正是她喜欢的花朵。
看着桌上的食物,叶芯的口水都快不争气地流下来了,便一屁股坐到餐桌前。
“小姐,早安,”玛丽注意到叶芯已走下楼,正确来说,应是用跑的,她走到小人儿的旁边,恭敬的对她敬个礼。
“漂亮姐姐,这些是什么?”叶芯指着桌前的食物,这些是她都没看过的,便好奇一问。
玛丽的心如同被针扎到似的,她天真无邪的脸庞,以及萌萌大眼,却不知道眼前的食物是什么,而且这些早餐也是基本的。
感觉能想象,她以前的生活是怎么过的……
“那些是法国面包,玉米浓汤,牛奶……”玛丽耐心的一一介绍。
还不等玛丽介绍完,叶芯早已拿起面包,胡乱的塞进自己的嘴里。
突然叶芯脸色一变,玛丽见状不对,看得心里免不得有些慌张,毕竟是大少爷带回来的人,便急忙跑到厨房,拿了一杯水出来。
玛丽让叶芯喝下水,边轻拍着她的背,叶芯的脸色才缓缓的恢复回原本的红润。
这时,傲辰夜已穿着一身黑色西装,正走下楼,虽然看了多年的他,玛丽的心像不受控制般的砰砰乱跳。
“大少爷,早安。”
傲辰夜只有点头,不过玛丽已经习以为常了,只见他走到叶芯的面前被,拿起纸巾,蹲下身子替她擦了擦嘴。
看着她原本沾满面包屑的嘴变干净后,才满意的起身。
叶芯目不转睛的盯着他,“夜叔叔,你要去哪啊?”
“公司。”傲辰夜坐到了餐桌前,拿起刀叉,不紧不慢的将食物送进自己的嘴里,这一连贯的动作,都完美到了极点。
“那是什么地方,能吃么?”叶芯又接着问。
“……”傲辰夜失笑,停下手边的动作,抬起眼眸,正对上叶芯好奇的目光,“那不能吃。”
“那不然叫公司的东西是什么?是人么?还是是哪个小姐姐么?”
“妳长大后就知道了。”傲辰夜继续吃起早餐,年仅五岁就知道小姐姐,之前她都学了什么……
不过她现在不需用懂那么多,外面的世界对她来说太危险、太成熟,只要知道有我在她旁边,就会没事……
#原创
#猫伊
#不喜欢吃鱼的猫
  • 书名: #夜叔叔不好惹
    作者:猫伊
    类型:都会爱情
    封面:小野ouo
    编辑:凌尘轩
    #第3章 你要去哪里
    隔日早晨。
    户外的阳光透过落地窗照了进来,照到了傲辰夜俊美的脸庞,窗帘被风吹打着晃动,一阵凉意让他的身体不禁颤抖了下。
    傲辰夜张开了眼,正对上叶芯的大眼,被一双清晰的大眼盯着,让他觉得有些不自在。
    当他回神过来,发现自己已经睡着了,连忙用手贴近叶芯的额头。
    “退烧了。”
    “夜叔叔,我饿了。”叶芯乃声奶气的开口。
    “嗯,我让玛丽给妳做早餐。”傲辰夜揉了揉叶芯的脑袋,“先去洗漱。”
    叶芯为了吃,乖乖的点头,摇摇晃晃地走进了卫生间,含糊的嘀咕着“吃”。
    傲辰夜看着她走进卫生间,有些放不下心,应该不会再发烧了吧……
    他拨了拨凌乱的头发,为了照顾她,一守就是一个晚上,到清晨才撑不住,便趴在她身边睡着了,黑眼圈都跑了出来。
    啧……果然小孩子就是麻烦,要不是因为长的像“她”,不然她的死活我才不想管……
    随后,小家伙很快的就从卫生间出来了,她睁着她的萌萌大眼,巴巴的问着傲辰夜,“叔叔,我洗漱好了,能吃东西了么?”
    傲辰夜点头,也去洗漱了。
    叶芯哒哒跶的跑下楼,这时,桌上已经摆满了食物,桌子中央还摆着一瓶陶瓷做的花瓶,里头插着小雏菊,正是她喜欢的花朵。
    看着桌上的食物,叶芯的口水都快不争气地流下来了,便一屁股坐到餐桌前。
    “小姐,早安,”玛丽注意到叶芯已走下楼,正确来说,应是用跑的,她走到小人儿的旁边,恭敬的对她敬个礼。
    “漂亮姐姐,这些是什么?”叶芯指着桌前的食物,这些是她都没看过的,便好奇一问。
    玛丽的心如同被针扎到似的,她天真无邪的脸庞,以及萌萌大眼,却不知道眼前的食物是什么,而且这些早餐也是基本的。
    感觉能想象,她以前的生活是怎么过的……
    “那些是法国面包,玉米浓汤,牛奶……”玛丽耐心的一一介绍。
    还不等玛丽介绍完,叶芯早已拿起面包,胡乱的塞进自己的嘴里。
    突然叶芯脸色一变,玛丽见状不对,看得心里免不得有些慌张,毕竟是大少爷带回来的人,便急忙跑到厨房,拿了一杯水出来。
    玛丽让叶芯喝下水,边轻拍着她的背,叶芯的脸色才缓缓的恢复回原本的红润。
    这时,傲辰夜已穿着一身黑色西装,正走下楼,虽然看了多年的他,玛丽的心像不受控制般的砰砰乱跳。
    “大少爷,早安。”
    傲辰夜只有点头,不过玛丽已经习以为常了,只见他走到叶芯的面前被,拿起纸巾,蹲下身子替她擦了擦嘴。
    看着她原本沾满面包屑的嘴变干净后,才满意的起身。
    叶芯目不转睛的盯着他,“夜叔叔,你要去哪啊?”
    “公司。”傲辰夜坐到了餐桌前,拿起刀叉,不紧不慢的将食物送进自己的嘴里,这一连贯的动作,都完美到了极点。
    “那是什么地方,能吃么?”叶芯又接着问。
    “……”傲辰夜失笑,停下手边的动作,抬起眼眸,正对上叶芯好奇的目光,“那不能吃。”
    “那不然叫公司的东西是什么?是人么?还是是哪个小姐姐么?”
    “妳长大后就知道了。”傲辰夜继续吃起早餐,年仅五岁就知道小姐姐,之前她都学了什么……
    不过她现在不需用懂那么多,外面的世界对她来说太危险、太成熟,只要知道有我在她旁边,就会没事……
    #原创
    #猫伊
    #不喜欢吃鱼的猫

  •  3  1  28 October, 2019
  • ブンブン。
ヤクザになったりマーメイドになったりしたけど本業はYouTuber。
新章突入

#第3章
#YouTuber
  • ブンブン。
    ヤクザになったりマーメイドになったりしたけど本業はYouTuber。
    新章突入

    #第3章
    #YouTuber

  •  13  0  9 October, 2019
  • 毎日暑いなー

もう冬になってほしいな。

色々見積もり 
シャンプー5.6台、セット面11面考えてるけど、水回り ボイラーの積み替えになりそう…

またひと頑張りしなあかん。

さぁ、銀行さん融資お願いします  笑

#頑張る
#美容院
#MAULOA
#仕事
#第3章
  • 毎日暑いなー

    もう冬になってほしいな。

    色々見積もり
    シャンプー5.6台、セット面11面考えてるけど、水回り ボイラーの積み替えになりそう…

    またひと頑張りしなあかん。

    さぁ、銀行さん融資お願いします 笑

    #頑張る
    #美容院
    #MAULOA
    #仕事
    #第3章

  •  42  3  10 September, 2019
  • 20190821

大変お待たせしております。

ハマの暴れん坊将軍、エレン・スカイウォーカーこと
たろうです。

月をまたいでしまいました…
すみません。

楽しい時間はあっという間。
研修旅行トリロジー、ついに最終章へと突入致します。

8月21日

たろうの朝は早い。

この日も6時前に起床し、
朝日を浴びながら温泉を堪能します。

朝風呂、サイコー。

お風呂を満喫した後はお待ちかね、
朝ごはんです。

米がとってもうまいのです。
きっと水が良いんでしょうね。

去年は5杯でしたが、
今年は6杯をたいらげたので記録更新です。

6杯目を食べ終わる頃には周りには誰もいませんでした、ハイ。

ご飯の後は異文化交流、
恒例の餅つき大会です。
きな粉は喉にきましたね。

その後は名残惜しみながら槍見館を後に。

向かったのはそう、
われわれを虜にするジャパニーズサケ"蓬莱"の郷里、
君の名はで同じみ飛騨古川へ。

食べ物や人はもちろん、街並みもとってもいいんですよ!

気になる方はぜひワタクシのストーリーと君の名はあたりをチェックしてみてください。

飛騨古川も満喫した後は
この旅行最後の温泉、
ひらゆの森へ。

ここがまた良いんです。
なんだったらここを目指して来てもよいくらい。

新宿から直行のバスもあるようなので
ぜひぜひ行ってみて下さい。

帰りの車では
オーナーのほんとにあった怖い話…
いや、昔話を聞きながら

僕はBGMのチョイスを常に間違えながら
浜へと帰って参りました。

いやはやついこの前のような気がするのですがもう2週間が経ちますね。

本当に時間が経つのは早い…

そんな激流に乗り遅れないよう
この研修で学んだことを生かしながら
日々精進して参ろうと
そっと心に誓うたろうでした。

ハイ、というわけで
たろうの研修旅行日記はこの辺りで閉じようかと思います。

僕なりになるべくコンパクトにまとめてみたのですが、
いかがでしたでしょうか。
もっと細かいところは今度ゆっくりお話しさせていただければと思います!

では、皆さま
これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

たろうでした!

#たろうの研修旅行日記
#研修旅行トリロジー
#第3章#最終章
  • 20190821

    大変お待たせしております。

    ハマの暴れん坊将軍、エレン・スカイウォーカーこと
    たろうです。

    月をまたいでしまいました…
    すみません。

    楽しい時間はあっという間。
    研修旅行トリロジー、ついに最終章へと突入致します。

    8月21日

    たろうの朝は早い。

    この日も6時前に起床し、
    朝日を浴びながら温泉を堪能します。

    朝風呂、サイコー。

    お風呂を満喫した後はお待ちかね、
    朝ごはんです。

    米がとってもうまいのです。
    きっと水が良いんでしょうね。

    去年は5杯でしたが、
    今年は6杯をたいらげたので記録更新です。

    6杯目を食べ終わる頃には周りには誰もいませんでした、ハイ。

    ご飯の後は異文化交流、
    恒例の餅つき大会です。
    きな粉は喉にきましたね。

    その後は名残惜しみながら槍見館を後に。

    向かったのはそう、
    われわれを虜にするジャパニーズサケ"蓬莱"の郷里、
    君の名はで同じみ飛騨古川へ。

    食べ物や人はもちろん、街並みもとってもいいんですよ!

    気になる方はぜひワタクシのストーリーと君の名はあたりをチェックしてみてください。

    飛騨古川も満喫した後は
    この旅行最後の温泉、
    ひらゆの森へ。

    ここがまた良いんです。
    なんだったらここを目指して来てもよいくらい。

    新宿から直行のバスもあるようなので
    ぜひぜひ行ってみて下さい。

    帰りの車では
    オーナーのほんとにあった怖い話…
    いや、昔話を聞きながら

    僕はBGMのチョイスを常に間違えながら
    浜へと帰って参りました。

    いやはやついこの前のような気がするのですがもう2週間が経ちますね。

    本当に時間が経つのは早い…

    そんな激流に乗り遅れないよう
    この研修で学んだことを生かしながら
    日々精進して参ろうと
    そっと心に誓うたろうでした。

    ハイ、というわけで
    たろうの研修旅行日記はこの辺りで閉じようかと思います。

    僕なりになるべくコンパクトにまとめてみたのですが、
    いかがでしたでしょうか。
    もっと細かいところは今度ゆっくりお話しさせていただければと思います!

    では、皆さま
    これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

    たろうでした!

    #たろうの研修旅行日記
    #研修旅行トリロジー
    #第3章 #最終章

  •  89  4  3 September, 2019
  • 昔々、俺のシリーズの立ち上げスタッフ料理人でした。当時は使い物にならなくて、嫌なことからただ逃げる毎日で逃げ出してたなぁとふと思い出し、だからその悔しさを忘れない為にあえてメニュ名にしました🌟自分に対する戒めです。挫折を経て人を強くなるということを東京で学びました😎口は悪いし、人見知りな自分ですが、料理が成長させてくれたといいことを忘れない、そういうプロセスを大切にできる料理人でありたいなと思います😌
僕は白黒はっきりした人間なので、相手からは好き嫌いはある人だと思いますが、美味しい料理を食べたいなって思い来てくださるお客様には間違いなく応えれる努力は怠りません!今後ともよろしくお願いします!

#ビストロエス #ポンコツシェフ #修行時代を思い出す #まだまだ続く #夢物語  #第3章 #将来の夢は #料理の魅力 
#伝えられる #母校 #調理師学校 #の先生 #辻調理師専門学校 #卒業生
  • 昔々、俺のシリーズの立ち上げスタッフ料理人でした。当時は使い物にならなくて、嫌なことからただ逃げる毎日で逃げ出してたなぁとふと思い出し、だからその悔しさを忘れない為にあえてメニュ名にしました🌟自分に対する戒めです。挫折を経て人を強くなるということを東京で学びました😎口は悪いし、人見知りな自分ですが、料理が成長させてくれたといいことを忘れない、そういうプロセスを大切にできる料理人でありたいなと思います😌
    僕は白黒はっきりした人間なので、相手からは好き嫌いはある人だと思いますが、美味しい料理を食べたいなって思い来てくださるお客様には間違いなく応えれる努力は怠りません!今後ともよろしくお願いします!

    #ビストロエス #ポンコツシェフ #修行時代を思い出す #まだまだ続く #夢物語 #第3章 #将来の夢は #料理の魅力
    #伝えられる #母校 #調理師学校 #の先生 #辻調理師専門学校 #卒業生

  •  52  2  28 August, 2019

Top #第3章 Posts

  • 『 #3人のパパ 』6月7日
第8話
運命の第3章始まります。

個人的に物凄く思い出深いし、
物凄く好きなお話です。

恭平とるいの関係にも注目

そして、明かされる
晴大のパパ、3人の内の誰なのか…

#3パパ 
#第3章 
#スタート 
#第8話
  • #3人のパパ 』6月7日
    第8話
    運命の第3章始まります。

    個人的に物凄く思い出深いし、
    物凄く好きなお話です。

    恭平とるいの関係にも注目

    そして、明かされる
    晴大のパパ、3人の内の誰なのか…

    #3パパ
    #第3章
    #スタート
    #第8話

  •  9,164  45  31 May, 2017
  • デビューから7217日、ついに京都に来てくれました!平安神宮の周りにあゆグッズを持った人たちがたくさんいる光景にもうすでに泣きそうです。
  • デビューから7217日、ついに京都に来てくれました!平安神宮の周りにあゆグッズを持った人たちがたくさんいる光景にもうすでに泣きそうです。

  •  121  4  9 January, 2018